Revised on Dec. 17, 2017.
English, Japanese

池田暁彦(助教)
東京大学 物性研究所 松田(康)研究室 (国際超強磁場科学研究施設)  Short CV
Email: ikeda at issp.u-tokyo.ac.jp
Tel: 04-7136-5319 (内線 65319)
NEWS
  • (2017.12.13)第3回新領域研究科長杯駅伝で強磁場Aチームは2位でした。強磁場ABCで出走された方々、ボランティアに協力頂いた方々、世話人のかずやくん、お疲れ様でした!

  • (2017.12.6-7) 第27回日本MRS年次大会@横浜のシンポジウム「スピンクロスオーバー現象研究の新展開 」にて「強磁場におけるLaCoO3の自発的スピン状態混合と体積変化」という題で招待講演をしました。

  • (2017.11.29-30) 強磁場研究会@NIMS「強磁場コラボラトリーが拓く未踏計測領域への挑戦と物質・材料科学の最先端 」にて一件の口頭発表と一件のポスター発表をしました。また、「第9回強磁場フォーラム三浦奨励賞」を受賞しました。多くの共同研究者様と物性研強磁場グループの皆様のおかげです。ありがとうございました。

  • (2017.08.31) SCES2017のプロシーディングス原稿をarXivにアップロードしました。ひずみの超高速測定において、FBG単独では磁場に鈍感であることを確かめました。室温、液体窒素温度付近、4.2 Kにおいて90Tまで測定しています。
    "100 MHz high-speed strain monitor using fiber Bragg grating and optical filter applied for magnetostriction measurements of cobaltite at magnetic fields beyond 100 T"
    A. Ikeda, T. Nomura, Y. H. Matsuda, S. Tani, Y. Kobayashi, H. Watanabe, K. Sato
    Physica B, in press. - - - - - - arXiv:1708.09207

  • (2017.08.26) ひずみの超高速測定に関する論文が出版されました。100MHzの超高速歪み測定装置を開発し、その装置を応用して150テスラまでの超強磁場中磁歪測定に成功しました。
    "High-speed 100 MHz strain monitor using fiber Bragg grating and optical filter for magnetostriction measurements under ultrahigh magnetic fields"
    A. Ikeda, T. Nomura, Y. H. Matsuda, S. Tani, Y. Kobayashi, H. Watanabe, K. Sato
    Rev. Sci. Instrum. 88, 083906 (2017). - - - - - - arXiv:1703.10971
    手当たり次第、いろんなものを測ってみたいと思います!

  • (2017.07.31) SCES2017@プラハで2件のポスター発表、SOIG2017@パリで1件の口頭発表をしました。また、ツールーズドレスデンの強磁場研究施設を見学し、セミナーもさせていただきました。プラハではビールが美味でした。サッカーもしました。

  • (2017.06.20) LaCoO3の強磁場相に関する解説記事が月刊誌固体物理に掲載されました。
    "強相関コバルト酸化物の新しいスピンクロスオーバー"
    池田暁彦、松田康弘、佐藤桂輔、固体物理, Vol.52, No. 6, 335 (2017). - - - - - 原稿 (pdf)

  • (2017.04.24) 近藤絶縁体YbB12の強磁場効果に関する論文が出版されました。
    "Magnetization process of the Kondo Insulator YbB12 in ultrahigh magnetic fields"
    T. T. Terashima, A. Ikeda, Y. H. Matsuda, A. Kondo, K. Kindo, F. Iga, J. Phys. Soc. Jpn. 86, 054710 (2017)

  • (2017.03.31) 磁歪の超高速測定装置に関する論文をプレプリントサーバーにアップロードしました。
    "High-speed 100 MHz strain monitor using fiber Bragg grating and optical filter for magnetostriction measurements under ultrahigh magnetic fields"
    A. Ikeda, T. Nomura, Y. H. Matsuda, S. Tani, Y. Kobayashi, H. Watanabe, K. Sato
    arXiv:1703.10971

  • (2017.02.28) LaCoO3の強磁場相に関する紹介記事が「物性研だより」に掲載されました。"磁場によるコバルト酸化物の新しいスピンクロスオーバー"
    池田暁彦、松田康弘、物性研だより, 第56巻, 第4号, p.7(2017年1月)


研究の興味
  • 超強磁場発生装置における極限磁場発生と物性計測手法開発(磁化、FBG、単パルスX線回折など)
  • コバルト酸化物におけるスピンクロスオーバーと励起子凝縮相
  • 強い近藤効果による価数揺動への磁場効果
  • ルテニウム酸化物の金属絶縁体転移におけるスピン軌道結合と結晶場の競合
  • 2次元量子スピン磁性体の磁場誘起相
  • バナジウム系物質の非自明な金属絶縁体転移

論文・解説など
発表