Revised on June 26, 2017.
English, Japanese

池田暁彦(助教)
東京大学 物性研究所 松田(康)研究室 (国際超強磁場科学研究施設)  Short CV
Email: ikeda at issp.u-tokyo.ac.jp
Tel: 04-7136-5319 (内線 65319)
NEWS !!
  • (2017.06.20) LaCoO3の強磁場相に関する解説記事が月刊誌固体物理に掲載されました。
    "強相関コバルト酸化物の新しいスピンクロスオーバー"
    池田暁彦、松田康弘、佐藤桂輔、固体物理, Vol.52, No. 6, 335 (2017).

  • (2017.04.24) 近藤絶縁体YbB12の強磁場効果に関する論文が出版されました。
    "Magnetization process of the Kondo Insulator YbB12 in ultrahigh magnetic fields"
    T. T. Terashima, A. Ikeda, Y. H. Matsuda, A. Kondo, K. Kindo, F. Iga, J. Phys. Soc. Jpn. 86, 054710 (2017)

  • (2017.03.31) 磁歪の超高速測定装置に関する論文をプレプリントサーバーにアップロードしました。
    "High-speed 100 MHz strain monitor using fiber Bragg grating and optical filter for magnetostriction measurements under ultrahigh magnetic fields"
    A. Ikeda, T. Nomura, Y. H. Matsuda, S. Tani, Y. Kobayashi, H. Watanabe, K. Sato
    arXiv:1703.10971

  • (2017.02.28) LaCoO3の強磁場相に関する紹介記事が「物性研だより」に掲載されました。"磁場によるコバルト酸化物の新しいスピンクロスオーバー"
    池田暁彦、松田康弘、物性研だより, 第56巻, 第4号, p.7(2017年1月)


研究の興味
  • 超強磁場発生装置における極限磁場発生と物性計測手法開発(磁化、FBG、単パルスX線回折など)
  • コバルト酸化物におけるスピンクロスオーバーと励起子凝縮相
  • 強い近藤効果による価数揺動への磁場効果
  • ルテニウム酸化物の金属絶縁体転移におけるスピン軌道結合と結晶場の競合
  • 2次元量子スピン磁性体の磁場誘起相
  • バナジウム系物質の非自明な金属絶縁体転移

論文・解説など
発表

受賞等
  1. 2011年 第31回表面科学学術講演会 講演奨励賞(スチューデント部門) (link)
  2. 2012年 第8回放射光表面科学研究部会・顕微ナノ材料科学研究会 最優秀ポスター賞 (link)
  3. 2012年 第5回SPring-8萌芽的研究アワード (link)
  4. 2016年 Editors' Suggestion, Phys. Rev. B, 2016

研究費
  1. 2011年度 笹川科学研究助成
  2. FY2016-FY2017 科研費若手研究(B)「コバルト酸化物におけるスピン状態結晶相の解明」代表

その他
  1. 岡野・福谷研紹介,2013年 (Movie)
  2. 一巻きコイル法の放電,2015年 (Movie)
  3. サッカーチラシ